心配された台風は見事にUターンし、野外音楽イベント長岡 米百俵フェスが2年ぶりに開催された。 先月、10月10日(土)、11日(日) のこと だ。

そして、

 

スタンディングエリア(ステージ前)


“不屈の”と報道された米百俵フェス2020 から2週間が過ぎた。
長岡市内で新たな新型コロナウイルスの感染者は出ていない。県内でもフェス由来の感染者の報告はない。感染者ゼロのフェスとなったことに関係者ともどもほっとしている。

 


米百俵フェスについては、全国ネットのテレビ放送をはじめとして大きな反響があった。何よりコロナ下における国内唯一最大といっていい音楽イベントであったこと、そして観客はもとよりミュージシャンやスタッフにとっても、ほんとうに久しぶりの野外ライブだったことによるのだろう。そしてフィナーレの長岡花火が、花火のない味気無さを埋めてくれた感動だと思う。
 

 

飲食ブース

今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、様々なイベントが中止を余儀なくされてきた。国の基準を上回るレベルで最大限の感染防止対策を行い、来場者の安全安心を第一に考え実施した。
主な感染防止対策は以下のとおり。

〇来場は新潟県民限定で、入場時に住所確認
〇来場者のマスの着用・入場時の検温と消毒、会場には看護師が常駐
〇ソーシャルディスタンスを確保した設営・運営
〇会場内に専用通路を設け、動線は一方通行に
〇フード販売の待機列を減らすため、LINEアプリで予約販売
〇ステージに近いスタンディングエリアでは、マスクに加えてフェイスシールドを着用
〇県外スタッフのPCR検査実施

 

 

2日間の来場者は7,000人。小さな子ども連れの家族から、音楽好きの若者まで幅広い年齢層の方々で賑わった。遠回りの移動が必要だったり、声援を送ることができなかったり──、今までのコンサートやライブと違い、多少の不便はあったはずだが、来場したみなさんはしっかりルールを守ってくれた! 私も両日会場に行き、広大な自然の中で久しぶりに生演奏を満喫した。

 

寄せたれた沢山のメッセージの一部ご紹介したい。
○今年行こうと思っていたフェスはすべて中止だったので、楽しみにしてきた
○大好きな音楽を聴き、美味しい食を味わい、こんな幸せなことはない○
今年は長岡まつり大花火大会が中止だったが、生で大迫力の花火を見られて感動した
○感染防止対策を徹底し、開催してくれて感謝の気持ちでいっぱい
 など

 

大スターマイン“東山に咲く華”

様々な工夫を行うことで、コロナ禍下でもエンターテインメントたのしいもよおしが実現できる。「長岡モデル」として発信できたと思う。関係者の皆さまに感謝したい。ありがとう!

 

さて、来年の長岡まつり「大花火大会」であるが──
このほど、花火財団理事会、長岡まつり統括本部会議での議論を踏まえ、「大花火大会を実施する」方針を決定した。「長岡モデル」の運営方法を探り、感染防止と開催を両立させるための方法について、関係者・市民の皆さまからもアイディア・提案・ご意見をいただきながら、準備していきたい。

 

 

■開催概要
事 業 名 長岡 米百俵フェス ~花火と食と音楽と~2020
開催日時 令和2年10月10日(土) 11時~19時30分
          11日(日)11時~19時55分
開 催 地 長岡東山ファミリーランド(長岡市栖吉町3300番地)
来場者数 2日間7,000人(10日3,000人、11日4,000人)
運営体制
 主 催 米百俵フェス有限責任事業組合
 共 催 長岡市、長岡米百俵実行委員会
 特別協賛 一般財団法人長岡花火財団
 協 賛 JA越後ながおか/大和証券長岡支店/新うまい佐賀のりつくり運営推進協議会
 協 力 一般社団法人長岡青年会議所/NPO法人ネットワーク・フェニックスパーマーク/学校法人北陸学園 北陸福祉保育専門学院 北陸食育フードカレッジオフィシャルパートナー snow peak/カトープレジャーグループ
 応 援 アルビレックス新潟/新潟アルビレックスBB

 




 タイトル画像:    米百俵フェス2020 シートテントエリア