今年は長岡空襲75年である。
昭和20年8月1日、アメリカ空軍による長岡空襲で1,488名もの尊い命が失われた。


戦後、 ずいぶん経ってから── とうてい表現しえないところを──語ってくれた空襲体験者の方々がおられる。後世に伝えるべき貴重なメモリきおく遺産だ。それは、一冊の本になっている。題して『長岡空襲─60人の証言』。

このほかに、100人に及ぶ方々が戦禍体験を“絵”にいてくださっており、そのうち24点の複製画が、今日から「長岡空襲体験画特別展」として、上述の書籍の挿入画とともに公開している。
挿入画の原画26点は本邦初公開。ぜひご覧いただきたい。

 

期 間:7月18日(土)〜22日(水)5日間  
会 場:アオーレ長岡 (市民交流ホールA)  

 

生身なまみの眼ざし、生身なまみの声、、生身なまみの体験が迫ってくる。

(合 掌)   

   

・・・一部をご紹介・・・

 

      

 

 

    

 

 

 

 

 タイトル画像: 『炎の中の男の子』小川 仁さん (当時9才)