音楽の話しを少し。
秋も深まると聴きたくなるのが、マイルス・デイヴィスの『枯れ葉』。 ミュートのかかったトランペットの音が、まるでヴォー カルのように聞こえてくる。

33歳で夭折ようせつしたエヴァ・キャシディライブ録音も忘れられない。ジャンルを超えるが、この曲ではマイルスと双璧、といったら「モダンジャズの帝王」に失礼だろうか。原曲の面影がまったくないオリジナル曲のようなメロディーが、心に深く深く沁みる。

 

 

 

・  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  ・

 

 

 

・  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  ・
P.S. 写真は晩秋のイメージ、ツクバネの実(越路 もみじ園で)