長岡の飲食店は今、感染防止に取り組みながら営業を再開している。
駅前のある居酒屋では──
・お客は 入店時に手指消毒と検温
・従業員は
マスク手袋着用、レジに飛沫防止用シート設置、テーブルやイス、注文用端末などの消毒
──と感染防止対策が徹底されていた。

   

 

 

このように対策を徹底している店であることがパッと分かるよう、ステッカーを店頭に貼ってアピールする取り組みが始まったので紹介しよう。

新潟県中越食品衛生協会と長岡市飲食業組合連合会が、市内の 飲食店 /食品販売店 /ホテル /旅館等に、感染防止対策チェックリストを配布 →8月上旬、リストに基づいて感染防止を徹底した店舗に、対策取組宣言ステッカー(タイトル画像)を配布 →ステッカーを目印に、コロナ対策万全のお店を探そう!


今後、小売業やサービス業においても、市民の皆様が安心して利用できるように、同様の取り組みを行う予定だ。
※ 印刷費など実費は市の補助金支出

 


「街なか立ち飲みスポット」が先月17日(水)から始まっている

大手通り&すずらん通りの居酒屋やバー(13店舗)の前のアーケードに立ち飲み用のテーブルが出現。風が通るオープンな街角でビールやおつまみなどが楽しめる。「まだ店に入るのは不安だが、ここなら気持ちよくビールが飲める」と仕事帰りに立ち寄る人たちから好評だ。今回は29(水)から31日(金)までなので、とり急ぎお知らせをした。また、「街なかビアスポット」は8月16日(日)までやっているので、ちょこっとビアガーデン気分で立ち寄っていただけたらと思う。

 

 
 タイトル画像:    新型コロナウイルス対策取組宣言ステッカー
        白い四角に認定された店舗の名前が書かれる