中小企業の製造過程や経営のデジタル化に寄与したい、というベンチャー企業が長岡に誕生した。 長岡高専生まれの株式会社 IntegrAIインテグライだ 。

人工知能(AI)エーアイモノのインターネット(IoT)アイオーティーによる技術革新は目覚ましい。そこへ、新型コロナウィルス禍だ。大企業を中心にリモートによる新たな方式や仕組みが一気に導入されようとしている。

しかし、中小企業においては、モノづくりが得意な長岡でさえ、実装(現場でのAI・IoTの活用)は、まだまだこれから、、という段階だ。まず、生産や営業など現場データがデジタル化されないと前に進めない。

中小企業のデジタル化が進まないのは何故か? どうしたらいいか?

彼らIntegrAIインテグライの視点は、課題解決的(デザイン思考)で実践的だ。
低コストでデータをデジタル化し、生産の効率化を提案する。古いアナログ表示のメータを人工知能搭載のカメラで読み取り、デジタルデータに変換するというものだ。ストレートな発想だからこそ力を発揮する。
※もちろん、デジタル表示メータもデータ化できる

例えば、工作機などの各種メータ機器から得られたデジタルデータを保存・解析することで、生産管理・QC・業務改善・生産性の向上へつながる提案をしていく。
活用例はこんな感じだ。

(1)金属加工業では──温度メータの表示温度をAIカメラで電子化デジタルデータ化し、高精度リアルタイムに温度を管理し、不良品を減少させる。

(2)計器製造業では──デジタル表示のメータを毎回作業員が読み取っている。読み取りミス防止用の高価な機器も存在するが、AIカメラによるデジタルデータ化は低コストで効率化を実現する。

(3)各種中小工場では──様々な加工や製造履歴、注文書を紙に記録していて、時間がかかるうえミスも生じやすい。書類やメータ表示なAIカメラで電子化して情報共有し、生産管理の効率化と品質改善をする。

 

市長室に会社設立の報告にきてくれたノムハさん(左)とソドゥ(右)さん

 

同社は、「長岡市スタートアップ創出補助金」の創業第1号だ。
中心となっているのは長岡高専生(モンゴルからの留学生)2人で、昨年度の全国高専ディープラーニングコンテストで最優秀賞と企業賞を受賞している。 IntegrAIインテグライは、このコンテストで評価された作品METERAIを発展的に事業化したものだ。


地元の中小企業から、ぜひ低コストのデジタル化の波〜を起こしてもらいたい。

発注書を読み取るAIカメラ


タイトル画像:    おなじみのメータや計測機器はそのままに!

 関  連  記  事 : 長岡発アフターコロナ新ビジネス 産業支援(6月補正) チャレンジは止まらない 今こそ設備投資を